絨毯販売のプロフェッショナル ワールドイン

ブログ

日本人の美意識 『和色』48茶百鼠48藍色

江戸時代、裕福になった庶民に贅沢禁止の法令が出されたといいます.豪華な色彩を禁止された粋な江戸庶民から育まれ日本人の美意識である『和色』がDNAとして無意識のうちに私達が持ち合わせています.

niya loulan
江戸庶民達は茶や藍色などを粋に着こなして見せて灰汁を使用する藍色は流行り色と浸透したと云います。
(灰汁=アルカリ)はタンパク質と一緒になると石鹸が出来るように灰汁を使用した藍染布は汗や垢の汚れを防ぎ清潔感を高め更には日本人の美意識をも高める事に繋がったのではないでしょうか?

2018年12月26日 新着情報